NEWS お知らせ NEWS お知らせ

  • トップ >
  • お知らせ >
  • 【ニュースリリース】千葉大学病院と包括連携協定を締結

【ニュースリリース】千葉大学病院と包括連携協定を締結

2014年12月5日

医療とスポーツを融合させた、新たなサービスの提供を目指す 

 全国約200ヶ所でスポーツクラブを運営、指導しているセントラルスポーツ株式会社(東証一部:4801)は、2014年12月2日、千葉大学病院と包括連携協定を締結いたしました。
 医療とスポーツを融合させた新たなサービス等を提供することにより、疾病の増悪予防、介護予防の新たな手法・プログラムを創出し、健康長寿社会の実現を目指します。

 世界に前例のない超高齢化が進むわが国では、国民の健康な生活と長寿をともに享受できる「健康長寿社会」の形成が急務であることから、平成26年度厚生労働白書「健康長寿社会の実現に向けて~健康・予防元年」や「健康・医療戦略(平成26年7月22日閣議決定)」を実現するための一環として、この度当社は千葉大学病院と連携し、医療とスポーツの融合に取り組むこととなりました。

  千葉大学病院は、人間の尊厳と先進医療の調和を理念に、安心・安全な医療の実現を目指し、生活習慣病や高齢化等に対応する診療科・多職種横断的な医療を提供しています。セントラルスポーツは、45年にわたりスポーツを通じてあらゆる年代の方々のニーズに応じたプログラムを開発・提供しています。
 大学病院の高度な医療と、スポーツ(身体を動かすこと)による心と体のケアプログラムを開発し、医療とスポーツの融合・相互発展を目指します。

 セントラルスポーツは、「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」を企業理念とし、病院に入院中または退院後の方に対しても、効果的なプログラムの開発と提供することにより、健康づくりに貢献してまいります。
 千葉大学病院と医療で連携することにより、より一層人々の健康づくりに貢献し、わが国の健康長寿社会の実現を目指してまいります。

 千葉大会見写真

>包括連携協定内容資料(PDFデータ)