CSRお客様とのあゆみ すべての“ビジネスアスリート”が、活き活きと働ける職場を目指して CSRお客様とのあゆみ すべての“ビジネスアスリート”が、活き活きと働ける職場を目指して

セントラルスポーツは、健康産業のパイオニアとして頭脳と身体を駆使して、スポーツビジネスに挑戦する従業員を“ビジネスアスリート”と称しています。私たちは「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」という経営理念を共有し、同じ想いで働く従業員が、お客様の感動と笑顔を創造する源泉であると考えています。従業員とその家族の健康と笑顔なくして、お客様の感動と笑顔の創造はありません。様々な個性を持ちながら、同じ理念を共有するビジネスアスリート同士が支え合い、お客様の健康づくりに邁進する職場環境の創造に取り組んでいます。

健康経営への取り組み

健康経営宣言

 セントラルスポーツグループは、経営理念「0歳から一生涯の健康づくりに貢献する」に基づき、すべての人々にご満足いただけるよう常に笑顔で最高のサービスを心がけています。そのサービスを提供するには、従業員とその家族が、カラダもココロも健康で幸せであることが重要であり、それが企業の発展につながると考えます。
 私たち一人ひとりが「明るく 仲よく 元気よく」活気ある職場づくりを実践し、より健康意識の高い組織をめざして、健康増進活動とウェルネスライフの推進に取り組みます。そして、すべての人々が笑顔で健康に暮らす「ウェルネス社会」の実現をめざします。

2018年3月
セントラルスポーツ株式会社
代表取締役社長 後藤聖治

健康経営推進体制

セントラルスポーツグループは、代表取締役社長を最高健康責任者とし、下記体制で健康経営を推進してまいります。ウェルネス社会をめざすという想いを込め、最高健康責任者をCWO(Chief Wellness Officer)とし、その補佐役に経営企画室長、そして健康経営推進チームが中心となって取り組んでまいります。

健康経営推進体制
健康経営推進体制

基本方針・取り組み内容

2018年度の基本方針と取り組み内容を以下の通り策定しました。

【基本方針】

  • ①健康診断100%受診を実現し、従業員と家族の心身の健康を維持増進します。
  • ②ストレスチェックの実施および相談窓口設置により、メンタルヘルス対策に努めます。
  • ③労働時間の短縮や育児・介護・傷病者支援等、仕事と家庭の両立に向け取り組み、生産性向上をめざします。

【取り組み内容】

  • 1生活習慣病対策
    • ・健康診断受診100%の実現と家族の健康診断受診率の向上。
    • ・特定保健指導の拡充および改善状況の把握。
    • ・運動の習慣化・食生活の改善・睡眠の改善によるライフスタイルの見直しと生活環境の改善。
    • ・定期的なスタイルアップキャンペーン実施による健康増進とボディメイクの推進。
  • 2メンタルヘルス対策
    • ・ストレスチェックの拡充、衛生委員会での統計結果審議と周知を推進。
    • ・メンタルヘルス不調未然防止の為の社外健康相談窓口の設置と利用促進。
  • 3働き方改革
    • ・有給休暇が取得できる職場環境の整備と有給休暇取得率の向上。
    • ・子育て環境支援を含むワークライフバランスの拡充。
    • ・長時間労働是正に向けた環境整備と業務改善。
    • ・感染症予防に対する啓発と対策。

    働き方改革
    働き方改革

  • 4女性の健康対策
    • ・女性が働きやすい環境の整備と健康支援の推進。
    • ・社内外の健康相談窓口の充実と働き方の不安解消。
    • ・婦人科健診費用の補助。

    女性の健康対策
    女性の健康対策

  • 5受動喫煙対策
    • ・従業員禁煙率100%の継続。
    • ・家族への禁煙の推奨と営業店舗周りの受動喫煙対策の実施。

その他、ウェルネスライフ推進の為、
従業員の笑顔と幸せに向けた取り組みや
更なるスポーツ推進活動を進めてまいります。

スポーツ推進の取り組み

トレーニングの推進

セントラルスポーツグループの従業員に対し、健康サービス産業に従事するスタッフであるという自覚を促し、自らの健康維持増進はもちろんのこと、身だしなみや体型にも意識を持つことを推奨しています。そのための環境づくりの施策として、自社スポーツクラブ施設の利用を積極的に推進しています。
また、本社オフィス内にもトレーニングマシンを設置し、短時間でも実施可能なトレーニングメニューを紹介するなど、デスクワークが中心の本社勤務スタッフも業務の合間に身体を動かせる環境づくりに取り組んでいます。これらの施策は、就業時間の前後やお昼休みなどに、社員の勤務状況に応じてトレーニングを実施することで、生産性の向上と、社員同士のコミュニケーション機会の増加にもつながっています。

スニーカー通勤の推奨

歩く習慣の定着による社員の健康増進を目的に、スニーカー通勤を推奨しています。そして、この取り組みの対象は自社の従業員にとどまりません。「歩く」ことは楽しいこと、健康に良いことという価値観を多くの方と共有し、働く世代のスポーツ実施率の向上に貢献するため、“笑顔で健康的な通勤”を提唱していきます。

FUN + WALK PROJECT

セントラルスポーツは、スポーツ庁が推進する
「FUN+WALK PROJECT」に賛同しています!

FUN+WALK PROJECTとは、歩くことをもっと楽しく、楽しいことをもっと健康的なものにする、スポーツ庁の官民連携プロジェクトです。「歩く」を入り口に、国民の健康増進をめざしています。

>>「FUN+WALK PROJECT」ウェブサイトはこちら

従業員の笑顔のための取り組み

表彰制度(No.1スタッフ表彰)

全国のセントラルスポーツグループで働く“ビジネスアスリート”たちの中から、優れたホスピタリティと接客スキルを兼ね添えたスタッフを表彰する「No.1スタッフ表彰」を行っています。年に1度、各店舗のマネジメント層やインストラクターのみならず、クリーンスタッフやスクールバスドライバーなど、様々な部門でNo.1スタッフを選出し、お客様との心温まるエピソードや、経営理念を具現化する優れた取り組みを全国のスタッフで共有しています。共に働く仲間の取り組みが、周囲の、さらには全国の仲間を笑顔にし、お客様に感動をお届することをめざしています。

所属選手の応援活動

私たちは世界の舞台を目指して戦う選手たちを、全社一丸となって応援しています。主要大会の開催時には、セントラルスポーツのスタッフとお客様が一体となった「セントラルスポーツ応援チーム」を結成し、「チームセントラル」として選手に熱い声援を送っています。

ウェルネスライフの推進

経営理念「0歳から一生涯の
健康づくりに貢献する」にもとづき、
すべての人に笑顔と健康を

【ウェルネスライフの推進】

私たちは従業員の健康と幸せを大切にし、その個性や能力を最大限に発揮することが企業の発展につながると考え、従業員のウェルネスライフを推進します。その人的資源をもとに事業活動を通じて、すべての人に笑顔と健康をお届けできるよう取り組んでまいります。

ウェルネスライフの好循環サイクル

ウェルネスライフの好循環サイクル
ウェルネスライフの好循環サイクル

私たちは「ウェルネスライフの好循環サイクル」を実現できるよう努めます。 顧客満足の向上や増収増益、企業価値向上の源は、従業員の健康と幸せです。 一人ひとりの健康と幸せを大切にし、より大きな力を発揮できるよう努め、すべての人々が笑顔で 健康に暮らす「ウェルネス社会」の創造をめざします。 そして、世界の健康に貢献するウェルネスカンパニーをめざしてまいります。

ウェルネスとは・・・

身体的、精神的、社会的健康をバランスよく最大限の状態にし、より充実した幸せな人生を送ること

※ここでいう社会的健康とは、経済的・物質的充実、社会生活への適応や自己充足感等。主に仕事や家庭環境の充実、社会の中でやりがいや自己成長・自己存在価値を感じること。

社外からの認証

スポーツエールカンパニー

セントラルスポーツは、スポーツ庁が平成29年度に創設した「スポーツエールカンパニー(SportsYellCompany)」に認定されました。この制度は、社員の健康増進のためにスポーツ活動に対する支援や促進に向けた取り組みをする企業を認定する制度で、運動不足の傾向がある「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進することが目的とされています。当社は、従業員の健康増進と活力ある職場づくりに繋がる、各種同好会活動の支援や、自社スポーツ施設の利用促進、本社オフィス内でのフィットネスプログラムの提供などに取り組み、従業員のスポーツ活動の支援を行っております。

TOKYO東京都スポーツ推進企業2017認定

東京都スポーツ推進企業

セントラルスポーツは、東京都より平成29年度「東京都スポーツ推進企業」として認定されました。この制度は、東京都オリンピック・パラリンピック準備局が、従業員のスポーツ活動の促進のために優れた取り組みや支援を実施している企業を毎年認定するもので、平成27年度に創設されました。
当社は、従業員の健康増進のためのスポーツ活動推進はもちろんのこと、CSR活動の一環として全国の小学校で「着衣水泳教室」を開催しており、これらの取り組みに評価をいただいています。

健康優良企業

健康優良企業(銀の認定)

健康優良企業認定制度とは、健康優良企業をめざして、企業全体で健康づくりに取り組むことを宣言(健康企業宣言)し、一定の成果を上げた場合は「健康優良企業」として認定される制度です。セントラルスポーツは、従業員の健康維持と健康管理の意識向上をめざして、2016年10月に「健康企業宣言」を行い、2017年7月に「銀の認定」を取得しました。

日本政策投資銀行「健康経営格付」

日本政策投資銀行「健康経営格付」

2018年2月28日、当社は株式会社日本政策投資銀行(DBJ)による「健康経営格付」を取得し、その融資制度の適用を受けました。健康経営格付とは、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定する世界で初めての融資メニューです。この格付取得をきっかけに、当社は今後も活気ある職場づくりを実践し、より健康意識の高い組織を目指して、従業員の健康増進活動とウェルネスライフの推進に努めてまいります。